反ポピュリズム論

渡邉恒雄 著

ポピュリズムという毒が日本中に回っている。小泉ブーム、政権交代、そして橋下現象…なぜここまで政治は衰弱したのか?メディアの責任と罪とは?「大連立構想」驚愕の舞台裏から、小選挙区制・マニフェスト選挙の問題点、ポピュリズムの理論的考察、そして経済復活の秘策「無税国債」私案まで。「衆愚」の政治と断乎戦う-半世紀超の政治記者歴による知見が込められた、読売新聞主筆による渾身の論考。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 政治家の衰弱は誰のせいか
  • 第2章 橋下現象はなぜ起きたか
  • 第3章 大連立構想はなぜ失敗したか
  • 第4章 ポピュリズムの理論的考察
  • 第5章 大衆迎合を煽るメディア
  • 第6章 日本をギリシャ化させないために
  • 付録 「無税国債」私案

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 反ポピュリズム論
著作者等 渡辺 恒雄
渡邉 恒雄
書名ヨミ ハンポピュリズムロン
書名別名 Hanpopyurizumuron
シリーズ名 新潮新書 480
出版元 新潮社
刊行年月 2012.7
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610480-0
NCID BB09697101
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135531
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想