西の関ケ原

滝口康彦 著

天下分け目の大合戦「関ヶ原合戦」と時を同じくして勃発した九州「石垣原の戦い」。「大大名大友家を傾けた男」としての悪名を背負いながらも大友家再興の夢に己の全てを賭ける田原紹忍と、この期に豊後の制圧を狙う老練な黒田如水が激突したその戦いを中心に、参戦した諸武将の仁義、野望、矜持を練達の筆致で詩情豊かに描いた傑作小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 西の関ケ原
著作者等 滝口 康彦
書名ヨミ ニシ ノ セキガハラ
書名別名 Nishi no sekigahara
シリーズ名 人物文庫 た5-2
出版元 学陽書房
刊行年月 2012.7
ページ数 306p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-313-75279-5
全国書誌番号
22130795
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想