画質ルネッサンス : テレビの画質に歴史あり。ブラウン管時代から綿々と続くテレビメーカー別絵づくりを徹底検証!

藤原陽祐 著

テレビの画質に歴史あり。ブラウン管時代から綿々と続くテレビメーカー別絵づくりを徹底検証。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 テレビの"今"を俯瞰する(画質はパネルの能力で決まるって本当!?
  • なぜ液晶画面は光沢になったのか
  • 昼間のリビングなら液晶、でも"5時からテレビ"ならプラズマも
  • 薄型テレビの音はなぜ悪い
  • レコーダーの行方 ほか)
  • 第2章 ブランドストーリー(東芝
  • ソニー
  • パナソニック
  • 日立
  • 三菱 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 画質ルネッサンス : テレビの画質に歴史あり。ブラウン管時代から綿々と続くテレビメーカー別絵づくりを徹底検証!
著作者等 藤原 陽祐
書名ヨミ ガシツ ルネッサンス : テレビ ノ ガシツ ニ レキシ アリ ブラウンカン ジダイ カラ メンメン ト ツズク テレビ メーカーベツ エズクリ オ テッテイ ケンショウ
出版元 ステレオサウンド
刊行年月 2012.6
ページ数 155p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-88073-289-3
NCID BB1068847X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135631
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想