自然と権力 : 環境の世界史

ヨアヒム・ラートカウ 著 ; 海老根剛, 森田直子 共訳

環境をめぐって作動する「権力」の歴史的様態を描出し、政策への示唆にも満ちた傑作。史料批判と旅の経験の融合から生まれた、新たな環境史の試み。ドイツ屈指の環境史家の主著、待望の邦訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 環境史を熟考する
  • 第2章 自給自足と暗黙知の生態学-人間と自然の原初的共生関係
  • 第3章 水、森林、権力
  • 第4章 環境史における分水嶺としてのコロニアリズム
  • 第5章 自然の限界にて
  • 第6章 グローバル化の迷宮のなかで
  • 終章 政治的議論における環境史の役割

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自然と権力 : 環境の世界史
著作者等 Radkau, Joachim
森田 直子
海老根 剛
ラートカウ ヨアヒム
書名ヨミ シゼン ト ケンリョク : カンキョウ ノ セカイシ
書名別名 NATUR UND MACHT
出版元 みすず書房
刊行年月 2012.7
ページ数 480, 101p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-622-07669-8
NCID BB09622623
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135490
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想