ひつじぐさ : 詩集

大島庸夫 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 死の洗禮
  • 斷草 / 2
  • 二つの泉 / 7
  • 枯野に立ちて / 9
  • 花薊 / 11
  • 星のない夜はなぜ悲しい / 12
  • 斷曲 / 14
  • 死の洗禮 / 15
  • 泪ぐさ / 18
  • MILKY WAY / 19
  • 夕の祈り / 21
  • 凍つた心 / 23
  • 濱邊の唄 / 24
  • 冬枯の日 / 26
  • 二つの胸 / 28
  • 花のこころ / 29
  • 受苦日 / 31
  • 禁斷の指環
  • 戀衣 / 36
  • 待宵草 / 37
  • 雜木林の黄昏 / 39
  • 君を慕ふの日 / 41
  • RED BUD / 43
  • つばめ / 45
  • 禁斷の指環 / 47
  • 小さな別離 / 49
  • 花と梢 / 50
  • 明星の囁き / 51
  • 溶けぬこごり / 54
  • 贈られし花に贈るの詩 / 56
  • 星のくにへ / 57
  • 儚き戀 / 62
  • 訊ねてみたいが / 63
  • 戀栞 / 65
  • SWEET PEA / 66
  • 戀の關 / 67
  • 漂泊者
  • 郷愁の唄 / 74
  • 身の酒 / 76
  • 灰色の街 / 78
  • 二人連れの瞽女 / 80
  • 船出 / 82
  • 踊手の唄 / 84
  • 漂泊者 / 85
  • TABACCO / 87
  • 野すみれ / 88
  • 温泉宿調 / 90
  • 流れゆく心 / 91
  • 酒場の唄 / 94
  • 唐人笛 / 96
  • ミルクの胸 / 98
  • 「ヴオルガ河の歌」に題して / 99
  • 羊雲 / 101
  • 悲しき語らひ / 103
  • 永遠の記憶
  • みなし鳥 / 106
  • 祈る心に / 107
  • 身が凍る / 108
  • 忘れな草 / 110
  • 岬に立ちて / 112
  • 子千鳥 / 114
  • 母の死 / 115
  • 絹の栞 / 120
  • 笛 / 121
  • トラピストの丘に立ちて / 122
  • 霜夜 / 129
  • 古城を訪ぬるの日 / 132
  • 秋の囁き / 134
  • 赤い花、黒い花 / 135
  • 君影草
  • 霰と泪 / 141
  • 磯づたい / 143
  • 戀人への詩 / 144
  • 霖雨 / 146
  • 櫻桃の粒 / 148
  • 肌匂ひ / 150
  • 君影草 / 151
  • 秘めし唄 / 153
  • 裂かれし胸に / 154
  • 老いゆく春 / 156
  • 私しは待つてゐよう / 158
  • 六花 / 161
  • つとめする身の儚さは / 163
  • 雨の宵 / 164
  • 乙女ごころ / 166
  • 戀の芽生 / 167
  • 黄昏どき / 169
  • 三味ぐさ / 171

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ひつじぐさ : 詩集
著作者等 大島 庸夫
書名ヨミ ヒツジグサ : シシュウ
書名別名 Hitsujigusa
出版元 光明詩社
刊行年月 大正11
ページ数 173p
大きさ 16cm
NCID BN0872648X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
42009853
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想