ソシュールを読む

丸山圭三郎 著

近代言語学の父、フェルディナン・ド・ソシュール。残された手稿と「一般言語学講義」聴講生のノートから三度の講義内容を復元し、コトバを手がかりに文化や社会の幻想性を解明・告発する、その思想と方法を精緻に読み解く。二〇世紀の諸科学、とりわけ構造主義やポスト構造主義に多大な影響を与えた思想の射程と今日的な可能性が、あざやかに甦る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ソシュールと現代
  • 『講義』と原資料
  • 講義1-言語学批判
  • 講義2-記号学とは何か
  • 講義3-ラングの解明
  • ソシュールと人間学
  • ソシュールと文化記号学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソシュールを読む
著作者等 丸山 圭三郎
書名ヨミ ソシュール オ ヨム
シリーズ名 講談社学術文庫 2120
出版元 講談社
刊行年月 2012.7
ページ数 373p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292120-6
NCID BB09643940
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135571
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想