公正価値測定の実務Q&A : IFRS13の総合解説と対象別留意点

金子康則, 竹埜正文, 山本顕三 著

本書はQ&A形式で、主にIFRS13を中心とした公正価値測定会計基準に関するよくある質問について解説を行うほか、具体的な評価実務に関する事項も取り上げました。また、特に金融機関に関連する会計基準に大きな影響を与えている金融規制について言及するとともに、関連する金融商品の会計処理についてもIFRSおよび米国会計基準を中心に触れています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 公正価値の定義と適用範囲
  • 第2章 公正価値測定の要件
  • 第3章 公正価値階層・公正価値の開示
  • 第4章 公正価値評価技法、インプットとモデル
  • 第5章 対象別公正価値測定上の留意点(株式関連商品および企業価値評価)
  • 第6章 対象別公正価値測定上の留意点(債券・金利・為替および関連デリバティブ)
  • 第7章 金融規制と公正価値
  • 第8章 持分法と公正価値

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 公正価値測定の実務Q&A : IFRS13の総合解説と対象別留意点
著作者等 山本 顕三
竹埜 正文
金子 康則
書名ヨミ コウセイ カチ ソクテイ ノ ジツム キュー アンド エー : アイエフアールエス ジュウサン ノ ソウゴウ カイセツ ト タイショウベツ リュウイテン
出版元 中央経済社
刊行年月 2012.7
ページ数 489p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-502-69780-7
NCID BB09807888
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22137035
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想