吉田茂=マッカーサー往復書簡集 : 1945-1951

吉田茂, マッカーサー 著 ; 袖井林二郎 編訳

「戦争で負けても外交で勝つ」ことをモットーにした吉田茂は、マッカーサーとの外交に最大のエネルギーを注いだ。それが占領下日本における政治のすべてだからであった。存在さえも隠されていた幾多の書簡は、息詰まる折衝の全容を明らかにする。何を護持したかったのか?いったい何が、保守できたのか?孤軍奮闘、臣茂。民主改革、阻むため。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 (解説)占領下の書簡外交(前史および幣原首相の役割
  • 史料の存在形態
  • 第一次吉田内閣期
  • 片山内閣期
  • 芦田内閣期
  • 第二次吉田内閣期
  • 第三次吉田内閣期)
  • 第2部 書簡篇(日本語訳)(前史(吉田外相時代)
  • 第一次吉田内閣期
  • 片山内閣期
  • 芦田内閣期
  • 第二次吉田内閣期
  • 第三次吉田内閣期)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 吉田茂=マッカーサー往復書簡集 : 1945-1951
著作者等 MacArthur, Douglas
吉田 茂
袖井 林二郎
書名ヨミ ヨシダ シゲル マッカーサー オウフク ショカンシュウ : センキュウヒャクヨンジュウゴ センキュウヒャクゴジュウイチ
書名別名 Yoshida shigeru makkasa ofuku shokanshu
シリーズ名 講談社学術文庫 2119
出版元 講談社
刊行年月 2012.7
ページ数 565p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292119-0
NCID BB09644808
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135623
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想