経済政策と社会保障政策のための「第4の憲法原理」をめぐる考察 : 最高裁判例の「明白性の原則」に対するポストモダン憲法学からの違憲判断基準の提示

瀬尾俊治 著

[目次]

  • 序論
  • 本論(日本の資本主義社会の原理
  • 第4の憲法原理の創設と明白性の原則に変わる判断基準の提示
  • 経済的自由の最高裁憲法判例に対する新たな批評
  • 財産権の最高裁憲法判例に対する新たな批評
  • 社会保障の最高裁憲法判例に対する新たな批評)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済政策と社会保障政策のための「第4の憲法原理」をめぐる考察 : 最高裁判例の「明白性の原則」に対するポストモダン憲法学からの違憲判断基準の提示
著作者等 瀬尾 俊治
書名ヨミ ケイザイ セイサク ト シャカイ ホショウ セイサク ノ タメ ノ ダイヨン ノ ケンポウ ゲンリ オ メグル コウサツ : サイコウサイ ハンレイ ノ メイハクセイ ノ ゲンソク ニ タイスル ポスト モダン ケンポウガク カラ ノ イケン ハンダン キジュン ノ テイジ
書名別名 Keizai seisaku to shakai hosho seisaku no tame no daiyon no kenpo genri o meguru kosatsu
出版元 ブイツーソリューション
星雲社
刊行年月 2012.6
ページ数 161p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-434-16801-7
NCID BB10230562
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22136313
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想