ヤスパース精神医学から哲学へ : 人間学的歩み

桝井靖之 著

[目次]

  • ヤスパースの人間学的哲学への歩み-『哲学すること』に基づく精神医学から実存哲学への自己啓蒙的展開
  • 第1部 ヤスパースの「人間学的構想」に基づく精神医学から実存哲学への歩み(ヤスパースの思想的・学問的軌跡
  • ヤスパースと人間学的構想
  • ヤスパースと同時代の哲学者たち-フッサール、リッケルト批判にみるヤスパース哲学の独創的意義)
  • 第2部 精神医学からの「自己啓蒙的展開」としてのヤスパース哲学(先行研究と自説から見た精神医学から哲学への自己啓蒙的展開
  • 「人間学的構想」に基づく「哲学するの哲学」としてのヤスパース哲学-「哲学」再考とヤスパース、カント、ハイデッガーにおける独自の哲学の意味と展開
  • 精神医学と哲学の相関的啓蒙的自己展開-『精神病理学原論』序文・序論考察を中心として)
  • ヤスパースにある精神医学的哲学者としての歩みと人間学的哲学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヤスパース精神医学から哲学へ : 人間学的歩み
著作者等 桝井 靖之
書名ヨミ ヤスパース セイシン イガク カラ テツガク エ : ニンゲンガクテキ アユミ
出版元 昭和堂
刊行年月 2012.7
ページ数 157,22p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8122-1206-6
NCID BB09803617
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135236
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想