カンナ  3 (吉野の暗闘)

高田崇史 著

諒司捜索のため、甲斐と巫女の貴湖らは奈良・吉野へ。その山中で、一行は山岳ガイドの光昭に助けられるが、同じ頃、光昭の母がさらわれるという事件が発生。その裏には、吉野の黄金伝説をめぐる争いがあった。吉野の山は、なぜ桜だらけなのか?役小角も金鉱脈を探していたのか?すべての解が、ここに。シリーズ第3弾。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カンナ
著作者等 高田 崇史
書名ヨミ カンナ
シリーズ名 講談社文庫 た88-26
巻冊次 3 (吉野の暗闘)
出版元 講談社
刊行年月 2012.7
ページ数 297p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-277309-6
NCID BB09856690
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134568
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想