カスティリオーネの庭

中野美代子 著

清朝最盛期の乾隆帝に宮廷画家として仕えたイタリア人宣教師ジュゼッペ・カスティリオーネ。現地名「郎世寧」として中国絵画史上にも大きな足跡を残した彼は、離宮の狭い一画に十二支をかたどった噴水と西洋式の宮殿を造るよう命じられ、仲間の宣教師らと心血を注ぐ…。西洋の目が見た皇帝一族の光と影。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カスティリオーネの庭
著作者等 中野 美代子
書名ヨミ カスティリオーネ ノ ニワ
書名別名 Kasutirione no niwa
シリーズ名 講談社文庫 な89-1
出版元 講談社
刊行年月 2012.7
ページ数 397p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-277306-5
NCID BB09857274
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134730
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想