逆転無罪の事実認定 = Reversed on the Facts

原田國男 著

調布駅南口事件、西武新宿線の痴漢事件、巨乳タレント事件など著名な逆転無罪判決を言い渡してきた著者。自身の携わった事件とその経験から、刑事裁判と事実認定を具体的に伝える。収録した20事件中13件が初紹介。裁判員裁判が始まり、だれもが人を裁く時代になった。有罪率99%といわれる日本の刑事裁判にこそ必要な1冊である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 刑事裁判へのメッセージ(えん罪を防ぐ審理のあり方-第1審の手続にそって
  • 控訴審における審理のあり方-事後審でえん罪を防ぐには
  • 刑事裁判の魅力)
  • 2 逆転無罪の事実認定(偽証発覚事件(平成20年6月11日)
  • 携帯電話決め手事件(平成18年10月25日/平成19年6月25日)
  • ソープ嬢覚せい剤自己使用事件(平成14年7月15日)
  • 巨乳被告人事件(平成20年3月3日) ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 逆転無罪の事実認定 = Reversed on the Facts
著作者等 原田 國男
書名ヨミ ギャクテン ムザイ ノ ジジツ ニンテイ
書名別名 Reversed on the Facts
出版元 勁草書房
刊行年月 2012.7
ページ数 256p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-326-40276-2
NCID BB09757983
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22118518
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想