龍之介始末剣 : 傑作長編時代小説  2 (わかれ雪)

稲葉稔 著

通り名を"人斬り栄作"と呼ばれた男が、石川島の人足寄場から釈放された。身請人に連れられて、下谷の町に腰を落ち着けた栄作だったが、直後、上野山下界隈で残虐な事件が次々に起こる。賭場の拡大を目論むやくざの徳政一家と、町を治める鳶の火消し集団"ぬ組"との抗争が浮上したのだ。北町奉行所定町廻り同心の坂本伊三郎から事件探索の協力を求められた"萬揉事相談所"の相楽龍之介は、自らも元同心の嗅覚と見地から事件の真相を追う。だがそこで龍之介が見たものは、欲のためなら殺しも辞さない博徒たちに立ち向かう火消しの侠気と、武士の矜持を貫く剣客の激しい怒りだった…。好評時代シリーズ第二弾。長編時代小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 龍之介始末剣 : 傑作長編時代小説
著作者等 稲葉 稔
書名ヨミ リュウノスケ シマツケン : ケッサク チョウヘン ジダイ ショウセツ
書名別名 Ryunosuke shimatsuken
シリーズ名 コスミック・時代文庫 い3-16
巻冊次 2 (わかれ雪)
出版元 コスミック
刊行年月 2012.7
ページ数 350p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-7747-2531-4
全国書誌番号
22117536
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想