研究事例で学ぶSPSSとAmosによる心理・調査データ解析

小塩真司 著

さまざまな統計技法の「あわせ技」で、1本の論文やレポートを構成するまでの道程を、6つの研究事例をもとにじっくり解説。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第0章 データ解析の基礎知識-データを集める前に、まず知っておくこと
  • 第1章 尺度構成の基本的な分析手続き-清潔志向性尺度の作成と男女比較
  • 第2章 尺度を用いて調査対象を分類する-友人関係スタイルと注目・賞賛欲求
  • 第3章 グループ間の平均値の差を検討する-恋愛期間と別れ方による失恋行動の違い
  • 第4章 影響を与える要因を探る-若い既婚者の夫婦生活満足度に与える要因
  • 第5章 潜在変数間の因果関係を検討する-5因子性格が自己愛傾向に与える影響
  • 第6章 潜在曲線モデルを利用する-知能が算数の学習効果に及ぼす影響
  • 第7章 Excel+Amos活用マニュアル-見やすい表の作成とパス図作成のための総覧

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 研究事例で学ぶSPSSとAmosによる心理・調査データ解析
著作者等 小塩 真司
書名ヨミ ケンキュウ ジレイ デ マナブ エスピーエスエス ト エイモス ニ ヨル シンリ チョウサ データ カイセキ
書名別名 Kenkyu jirei de manabu esupiesuesu to eimosu ni yoru shinri chosa deta kaiseki
出版元 東京図書
刊行年月 2012.7
版表示 第2版.
ページ数 284p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-489-02131-2
NCID BB09695296
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135291
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想