貸本屋、古本屋、高野書店

高野肇 著

1950年代に日本全国で「貸本」文化が興隆する。60年代に「古本」文化に移行するが、その渦中を生きた著者の古本文化論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部(『高野書店古書目録』
  • 貸本屋の広がりと全国的読者
  • 『目録』のコンテンツ ほか)
  • 第2部(貸本研究会への参加
  • 貸本屋高野文庫開業
  • 電柱広告とマンガカバー ほか)
  • 第3部(古本屋高野書店
  • 古本屋の成長と衰退
  • 古本屋としてのスタート ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 貸本屋、古本屋、高野書店
著作者等 高野 肇
書名ヨミ カシホンヤ フルホンヤ タカノ ショテン
書名別名 Kashihon'ya furuhon'ya takano shoten
シリーズ名 出版人に聞く 8
出版元 論創社
刊行年月 2012.7
ページ数 196p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8460-1161-1
NCID BB09723959
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22137093
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想