「書ける」大学生に育てる : AO入試現場からの提言

島田康行 著

入試「小論文」の限界に大学は気づいている。AO入試の最前線に立ってきた著者が、豊富な経験とデータをもとに現状の「小論文」「志望理由書」、高校の「書く」指導について問題のありかを探り、これからの展望を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「書くこと」に苦慮する大学生(大学初年次生に求められる「書く力」とは
  • 大学初年次生の語彙力)
  • 第2章 大学入試における「書くこと」の実態と課題(文章表現を課す大学入試と高校生の学習経験
  • 大学入試「小論文」の一〇年-出題傾向の移り変わり ほか)
  • 第3章 AO入試「志望理由書」はどう書かれ、どう読まれるか(選抜ツールとしての実態と限界
  • 学習材としての可能性)
  • 第4章 これからの「書くこと」の指導と大学入試(高校教育課程が目指すもの
  • 大学の教育プログラムに見る「書くこと」の指導 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「書ける」大学生に育てる : AO入試現場からの提言
著作者等 島田 康行
書名ヨミ カケル ダイガクセイ ニ ソダテル : エーオー ニュウシ ゲンバ カラ ノ テイゲン
出版元 大修館書店
刊行年月 2012.7
ページ数 191p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-469-22223-4
NCID BB09766587
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135261
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想