道具と人類史

戸沢充則 著

石器にはじまる道具と技術の進歩が、今日の高度な科学技術を生みだし、産業社会の繁栄をもたらしたが、道具を作るこころと使うこころがいつも正しくかみ合うような人類の英知こそが、確かな二十一世紀への展望をもつことにつながるものと信じて疑わない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 道具のルーツ(人類が作った最初の道具-オノ
  • 素材は道具のいのち-ナイフ
  • 石片に隠された技術
  • 一万年前の飛び道具-投槍
  • 火の利用と土器の誕生
  • 漁労を発展させた骨角器-釣り針
  • 学ぶところのある縄文人の食文化
  • 縄文人の精神生活-土偶
  • 銅鐸の謎をめぐって
  • 大きく変わる縄文人像
  • 技術の進歩と人類の未来)
  • 2 縄文土器の世界(土器はなにを語るか
  • 縄文土器への憧憬-有孔鍔付土器
  • 縄文人の心理の深層-抽象文装飾土器
  • 縄文人のエネルギー-水煙土器
  • 小さな器に豊かな祈り-吊手土器
  • 縄文土器の美-顔面付吊手土器
  • 縄文の八ヶ岳の世界-神像筒型土器)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道具と人類史
著作者等 戸沢 充則
書名ヨミ ドウグ ト ジンルイシ
書名別名 Dogu to jinruishi
出版元 新泉社
刊行年月 2012.7
ページ数 133p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7877-1210-3
NCID BB09780941
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135424
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想