デタラメにひそむ確立法則 : 地震発生確立87%の意味するもの

小林道正 著

確率とは何だろうか?「次に硬貨の表が出る確率は2分の1」、「30年以内に地震が起こる確率が87%」。こうした主張は本当に正しいのか?「偶然」と「必然」との関係を見出し、デタラメな現象から法則を探る。たくさんの具体例を通じて、誤解しやすい確率の意味をわかりやすく解説する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 不思議な確率の話
  • 2 偶然のなかの必然、必然のなかの偶然
  • 3 デタラメな世界にも法則が潜んでいる
  • 4 デタラメな世界を支配する大数の法則
  • 5 確率と自然現象
  • 6 確率とリスク

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デタラメにひそむ確立法則 : 地震発生確立87%の意味するもの
著作者等 小林 道正
書名ヨミ デタラメ ニ ヒソム カクリツ ホウソク : ジシン ハッセイ カクリツ ハチジュウナナパーセント ノ イミスル モノ
書名別名 Detarame ni hisomu kakuritsu hosoku
シリーズ名 岩波科学ライブラリー 195
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.7
ページ数 115p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-029595-6
NCID BB09701785
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22133073
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想