発達段階を考えたアセスメントにもとづく小児看護過程 = Child Development and Nursing

茎津智子 編著

[目次]

  • 第1章 小児看護における看護過程(小児看護の変遷
  • 小児看護の対象と目標
  • 小児看護における看護過程の展開 ほか)
  • 第2章 小児の看護過程展開に必要な知識(小児の成長・発達
  • 小児の病気・入院の理解
  • 子どもの権利と小児看護における倫理 ほか)
  • 第3章 看護過程の実際-事例展開(事例展開のイントロダクション
  • 事例展開の実際)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 発達段階を考えたアセスメントにもとづく小児看護過程 = Child Development and Nursing
著作者等 茎津 智子
書名ヨミ ハッタツ ダンカイ オ カンガエタ アセスメント ニ モトズク ショウニ カンゴ カテイ
書名別名 Child Development and Nursing
出版元 医歯薬
刊行年月 2012.6
ページ数 112p
大きさ 28cm
ISBN 978-4-263-23568-3
NCID BB09593784
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22137405
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想