権力エリート論

増子健一 著

[目次]

  • 序章 研究課題と方法-社会的諸勢力の国家に対する影響
  • 第2章 政治社会学の視点
  • 第3章 国家と社会構造に関する理論
  • 第4章 社会的勢力としての権力エリート
  • 第5章 権力エリートとデモクラシーの諸問題
  • 第6章 権力エリート論の本質とその組織関係論
  • 第7章 ドイツの権力エリート研究
  • 第8章 アメリカの権力エリート研究-権力エリートの政策立案に果たす組織的権力
  • 第9章 権力エリートの社会的病理の理論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 権力エリート論
著作者等 増子 健一
書名ヨミ ケンリョク エリートロン
書名別名 Kenryoku eritoron
出版元 成文堂
刊行年月 2012.6
版表示 新版.
ページ数 315p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7923-3300-3
NCID BB09822779
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134816
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想