山水紀行文範

文章講習会 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • かど出 長谷川二葉亭 / 2
  • 武藏野 國木田獨歩 / 5
  • 夏の樂 徳富蘇峰 / 8
  • 山川 徳富蘆花 / 12
  • 蜩 徳富蘆花 / 14
  • 鹽原 尾崎紅葉 / 15
  • 良夜 徳富蘆花 / 20
  • 秋の山里 坪内逍遙 / 22
  • 無花果 齋藤破笠 / 24
  • 近郊の晩秋 正岡子規 / 25
  • 春雨後の上州 徳富蘆花 / 29
  • 秋の夜 幸田露伴 / 31
  • 海のローマンス 齋藤笹舟 / 32
  • 秋雨 山田美妙 / 35
  • 沖の小島 遲塚麗水 / 36
  • 汽車の中 加藤青花 / 52
  • 青葉城 遲塚麗水 / 55
  • 空山流水 徳富蘆花 / 57
  • 墓畔の秋夕 大町桂月 / 59
  • 雲雀が原の別れ 相馬厄介 / 61
  • 月夜の美感 高山樗牛 / 68
  • 鎭守の森 笹川臨風 / 72
  • 東路の旅 關東紀行 / 76
  • 炬燵 徳富蘆花 / 82
  • 清見が關 高山樗牛 / 84
  • 富士と松島 旅の落葉 / 88
  • 旅中雜記 江見水〓 / 90
  • 湯槽の中 夏目漱石 / 93
  • 日光の奧 田山花袋 / 96
  • 都會の霧 窪田空穗 / 100
  • 噴泉 徳富蘆花 / 104
  • 黄昏の嚴島 遲塚麗水 / 106
  • 奧州松川の浦 無名草 / 110
  • 越後の海岸 尾崎紅葉 / 112
  • 佃島の夕 山下冬村 / 118
  • 美しき自然 武島羽衣 / 119
  • 海外にある親友へ 正岡子規 / 122
  • 病床より友の許へ 國木田獨歩 / 124
  • 馬場辰猪に與ふ 福澤諭吉 / 125
  • 西郷隆盛に降服を勸む 山縣有朋 / 127
  • 旅信(修善寺より) 尾崎紅葉 / 134
  • 旅信(小笠原島より) 田口卯古 / 137
  • 旅信(グレーより) 淺井忠 / 139
  • 旅信(四萬温原より) 幸田露伴 / 141
  • 井の底に落ちる 堺利彦 / 145
  • 草の實 吉江孤雁 / 148
  • 仁和寺の鼎 田山花袋 / 150
  • 海嘯の跡 大橋乙羽 / 156
  • 月の夜 樋口一葉 / 160
  • 嵯峨野の奧 平家物語 / 162
  • 松島の風光 松尾芭蕉 / 166
  • 信長と秀吉 竹越三叉 / 169
  • 鵯越 源平盛衰記 / 173
  • 武家義理物語 井原西鶴 / 179
  • 扇の的 平家物語 / 184
  • 男の中の男 村上浪六 / 188
  • 刀鍛冶正藏 幸田露伴 / 191
  • 濱寺の感 中江兆民 / 193
  • 中野〓遙を弔ふ 笹川臨風 / 195
  • 千歳付と言ふのは 徳富蘆花 / 196
  • 柳河の暮秋 北原白秋 / 200
  • 白い影 鈴木三重吉 / 203
  • 猛焔 後藤宙外 / 208
  • 月夜の入江 國木田獨歩 / 213
  • 明日 徳富蘇峰 / 217
  • 死と永生 高山樗牛 / 219
  • 故園 角田浩々歌客 / 223
  • 富士山頂の嵐 武島羽衣 / 224
  • 玉を抱いて罪あり 新渡戸稻造 / 232
  • 倫敦塔 夏目漱石 / 236
  • 小説家志願 森鴎外 / 245
  • ヂブラルタルの貝 小山内薫 / 251
  • 八ケ嶽絶巓の落日 長田幹彦 / 253
  • 田澤湖の神話 淨州生 / 258
  • 遠野の印象 柳田國男 / 259
  • 葉山の夕波 徳富蘆花 / 262
  • 千代と鳴いた 夏目漱石 / 266
  • 春愁 高須梅溪 / 271
  • 平和の家族 徳富蘆花 / 272
  • 幼き頃 正宗白鳥 / 275
  • ノアの洪水 内村鑑三 / 278
  • 梨の花と菜の花と 高濱虚子 / 283
  • 雲の日記 正岡子規 / 284
  • 千曲川のほとり 島崎藤村 / 287
  • 滊車旅行 大和田建樹 / 288
  • 大海の日の出 徳富蘆花 / 292
  • 葡萄園の譬 新約聖書 / 295
  • 淺間の山よ 徳富蘆花 / 296
  • シエークスピーアの生れた家 島村抱月 / 298
  • 獅子舞 小杉天外 / 300
  • 觀音堂の西行 幸田露伴 / 304
  • 飯坂の一日 生田葵山 / 308
  • 松島の一夜 遲塚麗水 / 322
  • 金華山 遲塚麗水 / 323
  • 常磐名所和歌數題 雲雀山水 / 326
  • 加茂川の岸 泉鏡花 / 329
  • 相摸灘の水蒸氣 徳富蘆花 / 330
  • 温泉 徳富蘆花 / 332
  • 秩父の長瀞 遲塚麗水 / 333

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 山水紀行文範
著作者等 文章講習会
書名ヨミ サンスイ キコウ ブンパン
書名別名 Sansui kiko bunpan
出版元 東盛堂書店
刊行年月 大正8
ページ数 338p
大きさ 15cm
全国書誌番号
42010144
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想