ツタンカーメン少年王の謎

河合望 著

ツタンカーメンは、ほぼ未盗掘で発見された王墓により有名であるが、王自身の生涯とその時代については、長い間謎に包まれたままだった。しかし、20世紀の終わりになってツタンカーメン時代の建造物や重要人物の墓が次々と発見されたことや、2010年に最新のDNA鑑定がなされたことなどによって、ファラオの真の姿が明らかとなりつつある。本書では、いままで推測の域を出ることがなかった死因や親子関係の謎に迫るだけでなく、即位にいたる歴史的状況、死後の状況についても大胆な新説を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ツタンカーメン王墓の発見
  • 第2章 ツタンカーメン王の呪い
  • 第3章 古代エジプトの黄金時代と異端の時代
  • 第4章 ツタンカーメン王とその治世
  • 第5章 ツタンカーメン王の死と埋葬
  • 第6章 第一八王朝の終焉
  • エピローグ ツタンカーメン王の時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ツタンカーメン少年王の謎
著作者等 河合 望
書名ヨミ ツタンカーメン ショウネンオウ ノ ナゾ
書名別名 Tsutankamen shonen'o no nazo
シリーズ名 集英社新書 0649
出版元 集英社
刊行年月 2012.7
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720649-4
NCID BB09702121
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135770
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想