挑戦する脳

茂木健一郎 著

日本を取り巻く困難はより深いものになっており、私たちは先の見えない日常を送っている。だが、このようなときにこそ、人間の脳が持つ「挑戦」の素晴らしい能力が生きてくる。脳はオープンエンドなシステムであり、試験に直面したときにこそ新たな力を発揮するのだ。私たちの日常の中に「挑戦」は遍在している。人間は誰もが、経験したことのない新たな世界と出合い、自分の存在を確立しようと奮闘して生きている。困難さを力に変えて生きるために、私たちはどうすればよいのか?さまざまな事象をもとに論じる、著者渾身の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 暗闇の中を手探りで歩く
  • 発見の文法
  • 「挑戦」の普遍性
  • 非典型的な脳
  • 誰でも人とつながりたい
  • 偶然を必然とする
  • 盲目の天才ピアニスト
  • 欠損は必ずしも欠損とならず
  • 脳は転んでもただでは起きない
  • 笑いが挑戦を支える
  • 日本人の「挑戦する脳」
  • アンチからオルタナティヴへ
  • 挑戦しない脳
  • 死に臨む脳
  • 臨死体験
  • 自由と主体
  • 「自由」の空気を作る方法
  • 地震の後で
  • できない
  • リヴァイアサン

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 挑戦する脳
著作者等 茂木 健一郎
書名ヨミ チョウセン スル ノウ
シリーズ名 集英社新書 0651
出版元 集英社
刊行年月 2012.7
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720651-7
NCID BB09685984
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135774
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想