津波をこえたひまわりさん : 小さな連絡船で大島を救った菅原進

今関信子 文

平成二十三年三月十一日-。宮城県北東部の海にうかぶ大島を巨大な津波がおそいました。大島と本土の気仙沼港を結ぶ連絡船「ひまわり」の船長、菅原進さんは、「このままでは島が孤立する!」と、「ひまわり」と共に、津波を乗り切る決心をしますが…。震災後、大島の人びとの大きな支えとなった「ひまわり」のすがたを通して、島民が一丸となって歩んだ復興への道のりを追います。小学校中学年から。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 見つけた仕事
  • 第2章 船長さんは大工さん
  • 第3章 とてつもない津波
  • 第4章 守られた大島
  • 第5章 連絡船「ひまわり」、走り出す
  • 第6章 それから、これから

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 津波をこえたひまわりさん : 小さな連絡船で大島を救った菅原進
著作者等 今関 信子
書名ヨミ ツナミ オ コエタ ヒマワリサン : チイサナ レンラクセン デ オオシマ オ スクッタ スガワラ ススム
シリーズ名 感動ノンフィクション
出版元 佼成出版社
刊行年月 2012.7
ページ数 128p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-333-02546-6
NCID BB1057675X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22105821
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想