陳情 : 中国社会の底辺から

毛里和子, 松戸庸子 編著

北京「陳情村」の報道で知られるように、中国では各政府機関への陳情によるトラブルが頻発している。いったい中国の陳情とは何か。何が原因でトラブルが生じるのか。今後、陳情は中国社会にどのような影響を与えるのか。政治学・社会学・法学の専門家がそれぞれの立場から「陳情」の実態を分析・解説することにより、中国の政治体制や社会構造の特徴の一端を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 陳情政治-圧力型政治体系論から
  • 第1章 陳情制度改革と憲政の建設-「陳情条例」改正をめぐる論争
  • 第2章 中国陳情制度の運用メカニズムとその変容
  • 第3章 政治的権利論からみた陳情
  • 第4章 陳情への法的視点-制度の沿革及び規定上の問題点
  • 第5章 労使紛争からみた陳情
  • 第6章 陳情制度をめぐる権利擁護と安定維持の力学
  • 第7章 退役軍人による陳情
  • 第8章 陳情制度のパラドクスと政治社会学的意味

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 陳情 : 中国社会の底辺から
著作者等 松戸 庸子
毛里 和子
書名ヨミ チンジョウ : チュウゴク シャカイ ノ テイヘン カラ
書名別名 Chinjo
出版元 東方書店
刊行年月 2012.7
ページ数 289p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-497-21111-8
NCID BB09649608
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22136468
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想