翻訳教室 : はじめの一歩

鴻巣友季子 著

翻訳は、ことばの置き換えではない。だから「正しい訳」なんて、ない。他者のことばを生き、当事者となってそれを自分のことばで実践(または再現)する。それが翻訳だ。大きな感動を呼んだNHK「課外授業ようこそ先輩」の授業を題材に、翻訳のはじめの一歩=エッセンスを語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 「翻訳教室 はじめの一歩」のための一歩
  • 第1章 他者になりきる-想像力の壁をゆるがそう
  • 第2章 言葉には解釈が入る-想像力の部屋を広げる準備体操
  • 第3章 訳すことは読むこと-想像力の壁を打ち破ろう
  • 第4章 世界は言葉でできている
  • 第5章 何を訳すか、それは翻訳者が引き受ける

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 翻訳教室 : はじめの一歩
著作者等 鴻巣 友季子
書名ヨミ ホンヤク キョウシツ : ハジメ ノ イッポ
書名別名 Hon'yaku kyoshitsu
シリーズ名 ちくまプリマー新書 181
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.7
ページ数 199p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-68884-2
NCID BB0961122X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22121974
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想