女子・結婚・男選び : あるいは〈選ばれ男子〉

高田里惠子 著

近代女子最大の問題、それはもちろん"男選び"だ。打算で結婚するのは卑しい。でも最上の男を手に入れたい。男子に対する尊敬の念と幻滅。女を見る目がない男と、男を見る目がない女たち。ゲーテとマン、夏目漱石から水村美苗までを、一級の男選び(選ばれ)小説として読み直し、何が勝ちで何が負けかもよくわからないままに繰り広げられる悲喜劇を考察する。さあ、「女の子いかに生くべきか」。女子必読!(当然)男子も必読。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 前口上 女子は計算(違い)する
  • 第1幕 女子は見る目がない
  • 第2幕 女子は燃えている(か)
  • 幕間 女子はあなどれない
  • 第3幕 女子は育てる
  • 納口上 女子は諦める

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女子・結婚・男選び : あるいは〈選ばれ男子〉
著作者等 高田 里恵子
高田 里惠子
書名ヨミ ジョシ ケッコン オトコエラビ : アルイワ エラバレ ダンシ
シリーズ名 ちくま新書 969
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.7
ページ数 281p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06674-9
NCID BB09593875
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22116313
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想