新選書簡文

小林鶯里 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 年始 / 1
  • 歌留多會を催す / 2
  • 新年宴會を催す / 6
  • 梅見に友を誘ふ / 7
  • 梅信 / 8
  • 花見に人を誘ふ / 10
  • 彌生望に友人を誘ふ / 11
  • 躑躅に景况を報ず / 12
  • 懇話會に同鄕人を招く / 14
  • 入梅に友を訪ふ / 17
  • 撫子に添へて / 18
  • 納凉に誘ふ / 19
  • 入谷より / 19
  • 廻覽誌發行に就て友人に / 22
  • 銚子の繪葉書 / 24
  • 白山より / 29
  • 病氣見舞旁々友の出遊を促す / 30
  • 舊友の誘引を斷る / 33
  • 書籍の購求を頼む / 34
  • 都の友に / 37
  • 金澤の學友より / 39
  • 釣に友を誘ふ / 42
  • 故鄕の師より / 44
  • 大磯より / 45
  • 大山登山を斷る / 45
  • 兵營の友より入營の友に / 47
  • 病床より友の入營を祝す / 48
  • 某俳士に問ふ / 50
  • 兵營より野外演習地の友に / 52
  • 歸鄕の兵士へ / 53
  • 寫眞に添へて / 54
  • 菊に添へて / 56
  • 某入塲劵を都の友に送る / 56
  • 退院を報ず / 58
  • 伊豆より / 59
  • 弟より亡兄の友へ / 60
  • 鹽原より / 61
  • 洋行する友に / 72
  • 雪見に友を誘ふ / 75
  • 死亡を報ず / 76
  • 吊詞 / 77
  • 盜難の知らせを得て / 77
  • 移轉通知 / 78
  • 出産を祝す / 80
  • 婚姻を祝す / 81
  • 貸家を知らす / 82
  • 學校より / 84
  • 人を紹介す / 85
  • 新茶に添へて / 86
  • 違約を詫る / 87
  • 病床の許へ / 88
  • 旅行先より友人に寄る / 89
  • 兵營を出てより / 92
  • 試驗後に友へ / 94
  • 旅行に友を誘ふ / 95
  • 銚子の風俗を友に知らす / 98
  • 醫師を招く / 100
  • 馳走を謝す / 101
  • 演説會傍聽に誘ふ / 102
  • 上等兵に進級を友に知らす / 103
  • 離れた友の許へ / 105
  • 多忙の爲め友の來訪を謝絶す / 107
  • 友の要求に依て旅行に誘ふ / 113
  • 越後の雪 / 115
  • 祭禮に招く / 119
  • 暑中見舞 / 120
  • 兩親へ / 121
  • 歸宅後に / 122
  • 商品の有無を問合す / 123
  • 返草の有無を問合す / 124
  • 赴任地より父母へ / 125
  • 赴任地より弟に / 126
  • 寫眞の交換を望む / 126
  • 姥ヶ島より / 128
  • 水泳所開塲を知らす / 128
  • 螢見に誘ふ / 129
  • 友の渡米を聞て / 130
  • 歸省中の友へ / 130
  • 留守を友に頼む / 131
  • 火災見舞の禮状 / 132
  • 歸宅を報ず / 133
  • 出水見舞に答ふ / 133
  • 俳文並に俳人の小傳を問ふ / 134
  • 避暑地へ問合す / 192
  • 亡父の年回に / 195
  • 年回に付き暇を乞ふ / 196
  • 田舍の老母に / 197
  • 開店せる商店へ出荷 / 199
  • 公務の爲め送葬不參を謝す / 200
  • 入學を依願す / 201
  • 詩の添削を乞ふ / 202
  • 日光より / 203
  • 注文品を催促す / 207
  • 遺失物を問合す / 207
  • 勤め口を周施せられし禮 / 207
  • 旅中友人に / 208
  • 桑葉の買入を依頼す / 208
  • 開店祝ひの返詞 / 210
  • 菊花に添へて / 210
  • 注文品を見合す / 211
  • 梅雨見舞 / 212
  • 豪農の子弟に / 212
  • 郭公を聞に人を誘ふ / 213
  • 地方へ出發に際して友に / 214
  • 詩の會へ招く / 214
  • 職工の身元を問ふ / 215
  • 馳走の禮に添へて / 217
  • 白米の代金を送るに添へて / 218
  • 友の近什を問ふ / 219
  • 人の來訪を斷る / 219
  • 肥料を分配するに / 220
  • 温泉へ友を誘ふ / 221
  • 返濟金に添へて / 222
  • 農業發展に付き集會 / 223
  • 愛兒の敎育につき問合す / 224
  • 宿痾見舞 / 226
  • 亡父の墓碑の草案を依頼す / 226
  • 總會の代理を依頼す / 227
  • 農事に人を借るとて / 228
  • 製氷の賣出を知らす / 229
  • 老父の死を悼む / 229
  • 小説を贈るとて / 230
  • 勤め口を依頼す / 231
  • 納凉に誘ふ / 234
  • 獵の獲物に添へて / 236
  • 買物を托す / 237
  • 初節句を祝す / 238
  • 汐干狩に誘ふ / 238
  • 原稿の催促 / 240
  • 養子を周旋す / 241
  • 精算書の請求 / 241
  • 就職を祝す / 242
  • 出水の報知 / 243
  • 書籍の貸與を乞ふ / 244
  • 友人の怠惰を戒む / 246
  • 友の戒めに答ふ / 248
  • 友人に入會を勤誘す / 249
  • 俳句募集を依頼す / 250
  • 學資の郵送を乞ふ / 251
  • 友の當選を賀す / 251
  • 寫眞の撮影を頼む / 253
  • 上京を報ず / 253
  • 揮毫を依頼す / 254
  • 産婆を頼む / 255
  • 看護婦を頼む / 256
  • 吉野より / 257
  • 郊外散策に誘ふ / 259
  • 湯治に誘ふ / 260
  • 銃獵に誘ふ / 263
  • 看楓に誘ふ / 264
  • 茶の會に誘ふ / 266
  • 父の壽延に / 267
  • 忘年會に / 269
  • 父を失ひたる人を慰む / 270
  • 筍を贈る / 271
  • 蟲に添へて / 272
  • 寒中見舞 / 274
  • 失言を謝す / 275
  • 雇人の周旋を頼む / 277
  • 豊年を祝ふ / 278
  • 器物借用 / 280
  • 總説 / 1
  • 書簡文の種類 / 14
  • 書簡文の性質 / 15
  • 書簡文の類別 / 17
  • 書簡文組立法 / 19
  • 書簡文の書式 / 24
  • 人倫其他稱呼 / 47
  • 熟字便覽 / 54
  • 時令辭 / 275

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 新選書簡文
著作者等 小林 鶯里
書名ヨミ シンセン ショカンブン
出版元 三芳屋書店
刊行年月 大正1
ページ数 281p
大きさ 19cm
全国書誌番号
42008165
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想