外相の奇病 : 神秘探偵

永代静雄 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 少年理學士高仲欣之 / 1-10
  • 末日會八月の例會
  • 不思議な特別の能力
  • ニ 君の『知心力』は國實 / 10-30
  • 今朝の新聞に出た噂
  • 此の能力を國家の爲に
  • 眞に驚くべき知心力
  • 外交の機密が漏れた
  • 三 遠野外務大臣の奇病 / 31-54
  • 殘るは次官と外相
  • 次官室で奇病の研究
  • 漏れる筈の無い機密
  • 行衞不明の外相の心
  • 四 若い女の心臟と腦髓 / 54-86
  • 有樂町の祕密事務所
  • 四探偵四方面へ出動
  • 波多少年探偵の悲み
  • 奇病の訪問客
  • 主靈尊者伊能六郎
  • 殺人犯嫌疑者の急死
  • 五 又復外交の機密漏洩 / 86-105
  • 奇病と急死との酷似
  • 輕井澤でも汽車中でも
  • 玉置侯爵の打明話
  • 六 尊者は一人か二人か / 106-122
  • 勝浦に一人汽車に一人
  • 甲田警部神戸で奇禍
  • 初めて目白の主靈殿へ
  • 七 血塗の井上少年探偵 / 122-138
  • 井上少年の行衞不明
  • 石室の中で九死一生
  • 闇討される迄の探偵談
  • 八 瑠璃姫の懐中の鬼藥 / 139-169
  • 玉置侯爵令妹のお客
  • 歴々と瑠璃姫の心が
  • 侯爵に服ませる爲に
  • 息の詰るやうな晩餐
  • 鬼藥を入れる一刹那
  • 瑠璃姫に代つて白状
  • 九 少年探偵長の大活躍 / 169-183
  • ダルニー邸の曲者騒ぎ
  • 漏れた外交の機密文書
  • ダルニー就縛の報告
  • 十 魔か妖僧か主靈尊者 / 183-218
  • 高仲小年を見知る弟子
  • 勝浦別莊の奥の客室
  • 手に取る如き尊者の心
  • 僞つて弟子となる
  • 巖石造の無氣味な部屋
  • 外相に此藥を服ませよ
  • 十一 飛妙窟内に幽靈と狼 / 218-253
  • 驚くべき證據がある
  • 今夜こそ安眠できる
  • 薄暗い密室で幽靈談
  • 血腥い飛妙窟の祭壇
  • 大惡魔最後の死物狂
  • 十ニ 外道の妖術みな滅ぶ / 253-290
  • 祭壇に飾られた小壺
  • 心臟を摺潰した擂鉢
  • 外道の妖術喚魂祕法
  • 女を殺し身代を使ふ
  • 瑠璃姫の誘拐も此男
  • 末日會九月の倒會

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 外相の奇病 : 神秘探偵
著作者等 永代 静雄
書名ヨミ ガイショウ ノ キビョウ : シンピ タンテイ
出版元 実業之日本社
刊行年月 大正8
ページ数 290p
大きさ 19cm
全国書誌番号
42008092
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想