ぼくらは都市を愛していた

神林長平 著

デジタルデータのみを破壊する「情報震」が地球上で頻発している。原因はおろか震源地すら特定できない。あらゆる情報が崩壊し、機能を失った大都市からは人の影が消えた。偵察のためトウキョウに進駐した日本情報軍機動観測隊は、想定外の「敵」と出会う…終末か創世か、3.11を経てはじめて書き得た、渾身の長編登場。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぼくらは都市を愛していた
著作者等 神林 長平
書名ヨミ ボクラ ワ トシ オ アイシテイタ
書名別名 Bokura wa toshi o aishiteita
出版元 朝日新聞
刊行年月 2012.7
ページ数 294p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-02-250895-9
NCID BB09884186
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22094021
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想