ディズニーランドの経済学

粟田房穂, 高成田享 著

日本人の心をわしづかみにした東京ディズニーランドの企業秘密を余すことなく記したロングセラー。増補にあたり、巨大リゾート化する経緯、卓越した集客戦略、消費社会との関わりなどを大幅に加筆。ライバルに圧倒的な差をつけ、なお進化し続けるディズニーを分析する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 夢を売る現実主義者たち
  • 2章 サービスの魔術師たち
  • 3章 舞台を操る黒子たち
  • 4章 遊びの経済学
  • 5章 「現代の祭り」に酔う人びと
  • 6章 「テーマパーク」から「テーマリゾート」へ
  • 7章 「成熟消費」の経済学
  • 8章 ディズニーを受容した日本の"ごった煮"文化
  • 終章 仮想現実化する日本・TDLはなぜ生き残ったのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ディズニーランドの経済学
著作者等 粟田 房穂
高成田 享
書名ヨミ ディズニーランド ノ ケイザイガク
シリーズ名 朝日文庫 あ8-3
出版元 朝日新聞
刊行年月 2012.7
版表示 増補版.
ページ数 333p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-02-261726-2
NCID BB09733602
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22129283
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想