夜ノ書

エットレ・ソットサス [著] ; 東暑子 訳

読むべからざる遺書につづられた赤裸々な告白。イタリアデザイン界の巨匠が過激なまでの肉声とともに生涯を回想する。オリベッティからメンフィスまで20世紀デザインを牽引。世界を放浪し出会いを重ねた交流と思索の軌跡。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 夜に考えたこと
  • 遺書としての自伝
  • 読むべからざる本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 夜ノ書
著作者等 Sottsass, Ettore
東 暑子
ソットサス エットレ
書名ヨミ ヨル ノ ショ : エットレ ソットサス ジデン
書名別名 SCRITTO DI NOTTE

エットレ・ソットサス自伝

Yoru no sho
出版元 鹿島出版会
刊行年月 2012.7
ページ数 349p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-306-04577-4
NCID BB09908014
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135492
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想