目的別で選べる遺伝子導入プロトコール : 発現解析とRNAi実験がこの1冊で自由自在!最高水準の結果を出すための実験テクニック

仲嶋一範, 北村義浩, 武内恒成 編集

細胞から、生体まで。化学的方法から、物理的方法、ウイルスベクターまで。対象を縦糸に、導入法を横糸に、それぞれがクロスして広がる遺伝子導入法の全体像がこの1冊でみえてくる。各プロトコールの原理から実験操作・試薬の役割まで根拠から詳しく解説。豊富な体験をもとに磨き抜かれたプロトコールに加え、成功の可否を確認するための方法、スキルアップのポイントも充実し、初心者でもイメージしやすい。過剰発現を目指すのか、ノックダウンを目指すのか。遺伝子導入技術を最大限に生かすため、知っておきたい実験系の組み立て方がわかる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 発現戦略(機能を調べるための実験デザイン
  • 各種蛍光タンパク質の使い分け)
  • 2章 発現と機能の抑制戦略(遺伝子抑制解析の動向と戦略
  • 遺伝子抑制法の種類とメカニズム)
  • 3章 RNAi実験の準備と実践(RNAiの原理
  • siRNAデザインの方法と検索ウェブサイト ほか)
  • 4章 遺伝子導入実験プロトコール(DNA,RNAを導入する
  • ウイルスベクターを導入する ほか)
  • 5章 遺伝子導入実験におけるカルタヘナ法および関連法令(カルタヘナ法
  • 関連法令)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 目的別で選べる遺伝子導入プロトコール : 発現解析とRNAi実験がこの1冊で自由自在!最高水準の結果を出すための実験テクニック
著作者等 仲嶋 一範
北村 義浩
武内 恒成
書名ヨミ モクテキベツ デ エラベル イデンシ ドウニュウ プロトコール : ハツゲン カイセキ ト アールエヌエーアイ ジッケン ガ コノ イッサツ デ ジユウ ジザイ サイコウ スイジュン ノ ケッカ オ ダス タメ ノ ジッケン テクニック
書名別名 Mokutekibetsu de eraberu idenshi donyu purotokoru
出版元 羊土社
刊行年月 2012.7
ページ数 250p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7581-0184-4
NCID BB09583565
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135243
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想