法隆寺建築の設計技術

溝口明則 著

"法隆寺の奇蹟"を解明-唐尺か高麗尺か、百年の議論を終結。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 遺構の寸法分析の研究史(比例と柱間構成法を巡る研究史
  • 比例と伽藍計画法を巡る研究史
  • 柱間完数制と法隆寺建築の寸法計画を巡る研究史
  • 柱間完数制の概念を巡る研究史
  • 規模計画と設計技術)
  • 第2部 分析のための諸前提(中世前期の垂木割計画と柱間寸法
  • 古代の柱間完数制と垂木割計画
  • 山田寺金堂と総間完数制)
  • 第3部 法隆寺建築の設計技術(金堂
  • 五重塔
  • 中門と回廊)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法隆寺建築の設計技術
著作者等 溝口 明則
書名ヨミ ホウリュウジ ケンチク ノ セッケイ ギジュツ
出版元 鹿島出版会
刊行年月 2012.7
ページ数 282p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-306-04576-7
NCID BB09776128
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135085
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想