「本当のこと」を伝えない日本の新聞 = Credibility Lost:The Crisis in Japanese Newspaper Journalism After Fukushima

マーティン・ファクラー 著

3・11という歴史的苦難に際して新聞はなぜ無力だったのか。その裏側には、ジャーナリズムの欠落という、日本の新聞が抱える根源的な問題があった。ニューヨーク・タイムズ東京支局長が明らかにする「新聞不信」の真実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 青い目の3・11取材記(3・11あの日の私
  • 茨城県大洗町で被災地からの第一報 ほか)
  • 第2章 情報寡占組織・記者クラブ(世界でも稀に見る「記者クラブ」制度
  • 世界中で高まった日本への不信感 ほか)
  • 第3章 かくもおかしい新聞(日本経済新聞は「企業広告掲示板」
  • 大企業の重役とベッタリ付き合う記者 ほか)
  • 第4章 ジャーナリストがいない国(専門職としてのジャーナリスト
  • 日本の記者は有名大卒のエリートばかり ほか)
  • 第5章 日本の新聞生き残りの道(ブログの登場でアメリカの新聞が抱いた危機感
  • ソーシャル・メディアは敵でも味方でもない ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「本当のこと」を伝えない日本の新聞 = Credibility Lost:The Crisis in Japanese Newspaper Journalism After Fukushima
著作者等 Fackler, Martin
ファクラー マーティン
書名ヨミ ホントウ ノ コト オ ツタエナイ ニホン ノ シンブン
書名別名 Credibility Lost:The Crisis in Japanese Newspaper Journalism After Fukushima

Honto no koto o tsutaenai nihon no shinbun
シリーズ名 双葉新書 044
出版元 双葉社
刊行年月 2012.7
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-575-15394-1
NCID BB09907463
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135254
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想