人間論

ホッブズ 著 ; 本田裕志 訳

『哲学原本』3部作の中核をなす『人間論』をラテン語原文からの正確な翻訳で提供する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 視覚線と運動の知覚とについて
  • じかに見た視覚による、ということはつまり、いかなる反射も屈折も存在しない場合の、対象の見かけの場所、すなわち一般的な言い方では、像の場所について
  • 透視図法における対象の表現について
  • 平面鏡および球状凸面鏡における、映された対象の見かけの場所について
  • 球状凹面鏡に映された対象の見かけの場所について
  • 一回だけの屈折を経て見られた対象の見かけの場所について
  • 二度の屈折の後でのものの見え方について、すなわち球面状の凸レンズまたは凹レンズを用いた一般的な視力補正具について
  • 二重にされた視力補正具、すなわち望遠鏡と顕微鏡について
  • 言説と知識について
  • 欲求と忌避、快と不快、ならびにそれらの原因について
  • 感情、すなわち心の擾乱について
  • 気質と習性について
  • 宗教について
  • 仮構上の人間について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間論
著作者等 Hobbes, Thomas
本田 裕志
ホッブズ トマス
書名ヨミ ニンゲンロン
書名別名 De Homine

Ningenron
シリーズ名 近代社会思想コレクション 08
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2012.7
ページ数 246p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-87698-594-4
NCID BB09591552
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22135009
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ラテン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想