かげろうの家 : 女子高生監禁殺人事件

横川和夫, 保坂渉 編著

「女子高生コンクリート詰め殺人事件」1989年3月、ある少年の自宅一室で、4人の少年たちが41日間にわたって女子高生を監禁、輪姦、暴行の末、殺害。いったい何が子どもたちを変えていったのか。親たちは何もできなかったのか。家庭と学校、社会が抱える病巣に鋭く迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 都会のなかの聖域
  • 第2章 父親役に疲れて
  • 第3章 孤立無援のなかで
  • 第4章 夫婦葛藤のはざまで
  • 第5章 暴力の果てに
  • 第6章 ほんとうの豊かさとは

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 かげろうの家 : 女子高生監禁殺人事件
著作者等 保坂 渉
横川 和夫
書名ヨミ カゲロウ ノ イエ : ジョシコウセイ カンキン サツジン ジケン
書名別名 Kagero no ie
シリーズ名 追跡ルポルタージュシリーズ「少年たちの未来」 2
出版元 駒草出版株式会社ダンク出版事業部
刊行年月 2012.6
版表示 復刊
ページ数 290p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-905447-02-3
NCID BB09887479
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22136251
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想