喜多川歌麿女絵草紙

藤沢周平 著

江戸の町の人びとや風景を生き生きと描いた浮世絵師には、素性が知れていない人が多い。生涯美人絵を描き、「歌まくら」「ねがひの糸口」といった枕絵の名作を残した喜多川歌麿は、好色漢の代名詞とされているが、実は愛妻家の意外な一面もあった。著者独自の手法と構成で人間・歌麿を描き出した傑作長編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 喜多川歌麿女絵草紙
著作者等 藤沢 周平
書名ヨミ キタガワ ウタマロ オンナ エゾウシ
書名別名 Kitagawa utamaro onna ezoshi
シリーズ名 文春文庫 ふ1-54
出版元 文芸春秋
刊行年月 2012.7
版表示 新装版.
ページ数 268p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-719254-9
NCID BB09732144
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22117475
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想