卑弥呼と古代の天皇

前田晴人 著

倭国大乱、卑弥呼の邪馬台国登場を契機に成立する女王制が、倭と百済の軍事同盟を経て世襲男王制代へと展開していく古代王制の転換期に注目し、詳細な分析から真実の始祖帝王とは倭王讃、すなわちホムツワケと推断。古代史の謎に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 倭国王権の創成
  • 第2章 卑弥呼とは何か
  • 第3章 女王の時代
  • 第4章 最後の女王サホヒメ
  • 第5章 神功皇后伝承とは何か
  • 第6章 倭国王統の成立

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 卑弥呼と古代の天皇
著作者等 前田 晴人
書名ヨミ ヒミコ ト コダイ ノ テンノウ
書名別名 Himiko to kodai no tenno
出版元 同成社
刊行年月 2012.6
ページ数 244p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-88621-608-3
NCID BB09743898
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22136373
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想