楚人冠 : 百年先を見据えた名記者杉村広太郎伝

小林康達 著

かつて朝日新聞に名記者がいた。明治期ロシアから欧州を旅し、雪の凶作地東北を踏破し救援を訴え、白瀬の南極探検や熊楠の自然保護を支援し、二葉亭・漱石・啄木と交わり、軽妙洒脱な随筆やコラムで読者を唸らせ、新聞の信頼確立に生涯を掛けた。戦前日本を代表する名記者の生涯。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 楚人冠の前半生(一八七二〜一九〇二)
  • 東京朝日新聞入社(一九〇三〜一九〇四)
  • 日露戦争の終結(一九〇五〜一九〇六)
  • 国際記者をめざして(一九〇七〜一九〇八)
  • 漱石、熊楠と楚人冠(一九〇九〜一九一一)
  • 明治の終焉(一九一〇〜一九一二)
  • 手賀沼から大戦下の欧州へ(一九一二〜一九一六)
  • 新たなる挑戦(一九一七〜一九二三)
  • 手賀沼から(一九二三〜一九三〇)
  • 軍国主義台頭のなかで(一九三一〜一九三五)
  • 一管の筆に託して(一九三五〜一九四五)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 楚人冠 : 百年先を見据えた名記者杉村広太郎伝
著作者等 小林 康達
書名ヨミ ソジンカン : ヒャクネンサキ オ ミスエタ メイキシャ スギムラ コウタロウ デン
出版元 現代書館
刊行年月 2012.7
ページ数 399p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7684-5687-3
NCID BB09566511
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22136141
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想