高校倫理からの哲学  別巻 (災害に向きあう)

直江清隆, 越智貢 編

災害について、いま何をどう考えたらいいのか。この別巻は、東日本大震災、阪神・淡路大震災などの実際の経験と、古今東西の思想を織りあわせながら考えていくための手引きです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 天災と思想・宗教(災害を日本人はいかに受け止めてきたか-関東大震災の場合
  • 災害は人間社会への警鐘か-古代中国の天災観
  • 神はなぜ悪を許すのか-リスボン地震と弁神論・啓蒙思想
  • 人知を超えるものにいかにして向きあうか-津波・原発
  • 哲学)
  • 2 震災における倫理(災害ではどんな倫理的問いが出されるのか-「津波てんでんこ」を手がかりとして
  • 震災によってどのような心の問題が生じるのだろうか-被災者のおかれた状況と心理
  • 災害のとき人は何をなすべきか-負い目から相互支援へ)
  • 3 震災・原発災害からの倫理の見直し(震災は人びとの倫理意識を変化させるだろうか
  • 原子力とどのように向きあえばよいのだろうか
  • 安心して暮らせる社会をつくるうえで何を考えるべきだろうか-震災・原発災害からの立ち直りに向けて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 高校倫理からの哲学
著作者等 一色 哲
串田 久治
久間 泰賢
井上 厚史
児玉 聡
出岡 宏
大川 一郎
小林 睦
小野原 雅夫
山根 雄一郎
岡野 八代
直江 清隆
福島 栄寿
福島 清紀
篠沢 和久
藤生 英行
越智 貢
重田 園江
鏑木 政彦
高橋 雅人
書名ヨミ コウコウ リンリ カラ ノ テツガク
書名別名 Koko rinri kara no tetsugaku
巻冊次 別巻 (災害に向きあう)
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.7
ページ数 288p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-028545-2
NCID BB09612776
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22113368
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想