「どうして私ばっかり」と思ったとき読む本

石原加受子 著

カウンセリングを25年近く続け、多くの悩める老若男女と接してきた著者。最近は、「いつも私ばっかり損している」「なんで私にばっかり悪いことが起こるの?」といった悩みに苦しむ人が増えているという。本書では、「どうして私ばっかり」となってしまう深層心理を解明するとともに、そこから抜け出すためのレッスンを紹介。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「どうして私ばっかり」となってしまう本当の理由(「いつも損な役回りばかり」という不満
  • 言い争いになるのが怖くて、つい我慢 ほか)
  • 第2章 「いつも自分ばかり損している」をやめるための基本(「他者中心」の人ほど、「損している感」が強い
  • 「自分の気持ち」を無視していませんか? ほか)
  • 第3章 損する状況に自分を追い込む「罪悪感」の捨て方(損しないように判断しているはずなのに…
  • 子供の頃の「親子関係」を振り返ってみる ほか)
  • 第4章 私ばっかりツライから抜け出せる「行動&会話術」(「心の自由」が束縛されていませんか?
  • あなたの心はこうして解放される! ほか)
  • 第5章 損している気分が「満足感」に変わるレッスン(「損する」意識は、自分をダブルに苦しめる
  • 「客観的な見方をしている」と自分では思っていても… ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「どうして私ばっかり」と思ったとき読む本
著作者等 石原 加受子
書名ヨミ ドウシテ ワタクシ バッカリ ト オモッタ トキ ヨム ホン
書名別名 Doshite watakushi bakkari to omotta toki yomu hon
シリーズ名 PHP文庫 い80-1
出版元 PHP研究所
刊行年月 2012.7
ページ数 247p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-569-67848-1
NCID BB10625276
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134830
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想