やなせたかし明日をひらく言葉

やなせたかし 著 ; PHP研究所 編

「アンパンマン」「てのひらを太陽に」の父、やなせたかし。幼少期は劣等感に悩み、戦争も経験、作品がブレイクしたのは七十歳手前と、その人生は順風満帆ではなかったという。逆境でも希望を胸に前へ進んできた彼の言葉からは、生きることのよろこびがビシビシと伝わってくる。本書では心に刺さるやなせ氏の言葉を精選。忘れかけていた大切なものが、きっと見えてくる一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 愛情と育ち方-ぼくはこんなふうに生きてきた
  • 第2章 仕事と運不運-続けていれば、あるとき目の前の席が空く
  • 第3章 希望とよろこび-幸福は日常の中にそっとかくれている
  • 第4章 正義と善悪-アンパンマンは倒すより助けるヒーロー
  • 第5章 子どもと個性-力が足りないなら、ゆっくり走ればいい
  • 第6章 いのちと生き方-人生にムダはひとつもない

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 やなせたかし明日をひらく言葉
著作者等 PHP研究所
やなせ たかし
ピーエイチピー研究所
書名ヨミ ヤナセ タカシ アス オ ヒラク コトバ
シリーズ名 PHP文庫 ひ4-10
出版元 PHP研究所
刊行年月 2012.7
ページ数 189p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-569-67831-3
NCID BB13730619
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134834
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想