「幻の街道」をゆく

七尾和晃 著

「かつてはそこが密貿易の"陰の街道"であったことにも思いをめぐらせれば、焼け跡の青空市場という、公にしてどこかすえた匂い漂う土地は、まさに「地べた」と呼ぶにふさわしい場所であったのかもしれない」往来は、なぜ歴史に埋もれたのか-幻となった街道を歩いた人々の思惑と情念を探る踏破ノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 塩硝の道-富山・五箇山‐金沢
  • 絹の道-八王子‐横浜・本牧
  • 絹の道-外伝 旧東伏見邦英伯爵別邸(横浜・磯子)
  • 海苔の道-諏訪‐浜松‐大森、蒲田
  • 「金の間」「銀の間」の道-大磯‐石川・小松
  • 「金の間」「銀の間」の道-外伝
  • 元寇の道-対馬 厳原‐樫根‐青海
  • ペリーの道-カリフォルニア州パロアルト‐沖縄・国道58号

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「幻の街道」をゆく
著作者等 七尾 和晃
書名ヨミ マボロシ ノ カイドウ オ ユク
出版元 東海大学出版会
東海教育研究所
刊行年月 2012.7
ページ数 193p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-486-03744-6
NCID BB09822145
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134408
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想