通俗家相学講話

大阪哲命子 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 諸論 / 1
  • 荒唐無積の浮設
  • 全く毛唐人の寢言
  • 陰陽學とは如何なるものか
  • 常識の修養が肝要
  • 其れは我田引水説
  • 變化には共通したる定則
  • 産聲と共に運命の宣告
  • 自ら運命を破壊する人
  • 發達を止める性行の缺點
  • 在來の陰陽家の主唱
  • 成功すること難事ではない
  • 自然の力に打ち勝つ
  • 萬物の靈長たる人類の住所
  • 衛生を無視し不便を顧みず
  • 直に實例を取つて研究する
  • 第二章 地勢及地相 / 18
  • 家賃地代等躊躇せず
  • 地相を區分
  • 土地の高低
  • 盛時であつて次第に衰微
  • 發達して終には零落す
  • 宅地の張缺、形状
  • 終には血脈斷絶す
  • 見掛けよりは裕福
  • 土質
  • 隣接地との關係
  • 角屋敷は盛衰が烈しい
  • 發達出來ません
  • 第三章 住宅の虚實 / 31
  • 業務に相應したのが吉相
  • 調和の取れない住宅
  • 凶相の住宅は一時必ず榮える
  • 生活に苦しんでゐる
  • 家政整頓して裕福に暮らし
  • 貧富と性格とを見分ける
  • 陽氣を受入れ陰氣を防ぐ
  • 旅館料理店等に養子が多い
  • 家庭の不和を惹か起し
  • 冗費多く收支の償はない家
  • 第四章 磁石の之所 / 42
  • 正しい磁石の用法
  • 三樣の使用法
  • 磁石は正北を指さない
  • 第五章 方位 / 46
  • 第六章 鬼門の説明 / 47
  • 鬼なるものを作る出し
  • 血脈を絶やすい位大凶相
  • 第七章 五行の生尅 / 50
  • 昇る物は陽、降る物は陰
  • 四季の順序から出たるもの
  • 順序を誤れば萬物へる
  • 第八章 方位と數の吉凶 / 54
  • 八方位と數の吉凶
  • 數の相性
  • 語路は何となつても
  • 第九章 門戸と土藏 / 58
  • 門戸大にして家小さきは凶相
  • 八宅井田の法
  • 八宅による門戸の吉方
  • 土藏は一家の盛衰に大關係
  • 男子育たず養子の相
  • 入れれば賣却の時機を失す
  • 第十章 各部の吉凶 / 66
  • 主人室
  • 小兒室
  • 店の間
  • 臺所
  • 食堂
  • 井戸
  • かまど
  • 便所
  • 浴室
  • 廐舍
  • 牛室
  • 鶏の塒
  • 神棚
  • 佛檀
  • 庭園
  • 樹木
  • 泉池
  • 空地
  • 物置
  • 第十一章 結論 / 79
  • 附録 陰陽學の種類と價値 / 81
  • 九星術
  • 運勢はなかなか複雑なもの
  • 全然信ずることの出來ないもの
  • 陶宮術
  • 推命學
  • 陰陽學中最も難関なもの
  • 寳玉が空しく泥中の匿れてゐた
  • 易斷
  • 自身の事すら解らない者
  • 家相學
  • 恩惠に浴することが出來ない
  • 觀相學
  • 手相學
  • 指紋學
  • 警察界に陰陽の一部を應用
  • 性相學
  • 姓名判斷
  • 坊さんの弟子になつてまで改名
  • 三世相

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 通俗家相学講話
著作者等 大阪 哲命子
書名ヨミ ツウゾク カソウガク コウワ
出版元 哲命館
刊行年月 大正5
ページ数 100p
大きさ 18cm
全国書誌番号
42007184
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想