圧縮された産業発展 : 台湾ノートパソコン企業の成長メカニズム

川上桃子 著

世界生産シェア90%以上という驚異的な発展。低コストの下請企業としてグローバルな産業内分業に組み込まれた後発の台湾メーカーが、先進国企業との相互作用の中から急激な成長をとげたメカニズムを、粘り強いインタビュー調査と、明快な分析枠組みによって解きあかす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 後発国企業の驚異的発展-本書の課題とアプローチ
  • 第1章 産業アクター間関係と能力構築-分析の枠組み
  • 第2章 原型と前提-前史としてのデスクトップ型パソコン産業
  • 第3章 単線的な産業アクター間関係の成立-2000年代初頭まで
  • 第4章 「情報の受け手」としての能力構築-台湾企業のキャッチアップ型成長
  • 第5章 鼎状の産業アクター間関係への展開-2000年代初頭以降
  • 第6章 「情報の出し手」への発展過程-台湾企業による「価値ある提案能力」の構築
  • 終章 発展モデルの可能性-総括と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 圧縮された産業発展 : 台湾ノートパソコン企業の成長メカニズム
著作者等 川上 桃子
書名ヨミ アッシュク サレタ サンギョウ ハッテン : タイワン ノート パソコン キギョウ ノ セイチョウ メカニズム
書名別名 Asshuku sareta sangyo hatten
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2012.7
ページ数 237p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8158-0703-0
NCID BB09501061
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134694
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想