小栗美作越後騒動

桃川若燕 講演 ; 浪上義三郎 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一席 越後家騒動發端の事、並に小栗美作耻辱を受くる事 / 2
  • 第ニ席 小栗美作逆心を抱く事、並に大野玄祐に毒藥調合を命ずる事 / 17
  • 第三席 小栗美作下野守綱賢を毒殺する事、並に家督評定忠奸兩黨大議論の事 / 32
  • 第四席 關根彌次郞小栗の新邸白雲閣へ斬込む事、並に萬德丸家督三河守綱國と稱する事 / 48
  • 第五席 豐岡仁兵衞三河守綱國を殺さんとする事、並に伜紋彌忠死の事 / 64
  • 第六席 豐岡夫婦出家遁世の事、並に三河守綱國遊興の事 / 78
  • 第七席 關根彌次郎苦忠の事、並に遊女若紫若君三河守へ意見する事 / 92
  • 第八席 渡邊九十郞諫言を斥けらるる事、並に若紫死を以つて綱國を諫むる事 / 107
  • 第九席 三河守綱國押籠となる事、並に渡邊九十郎蛭間、正木を討取る事 / 122
  • 第十席 誠忠組長昌寺へ集合する事、岡島壹岐妻子を斬つて義心を示す事 / 137
  • 第十一席 荻田主馬病を推して誠忠組を取鎭むる事、並に小栗美作閉居の事 / 151
  • 第十二席 北側辻番所大騒動の事、並に山田左膳五名の申立をきく事 / 167
  • 第十三席 荻田主馬忠臣の切腹を止むる事、並に忠臣の苦諫小栗を退役せしむる事 / 181
  • 第十四席 田口勘十郎小栗の密使を捕える事、並に仲間六造密事を美作へ注進さる事 / 196
  • 第十五席 五名の忠臣惡人の毒手に殪さるる事、並に荻田主馬毛利家へ預けらるる事 / 211
  • 第十六席 荻田主馬血染の願書を遺して餓死する事、並に瀧口三郎兵衞水府公の密命を受くる事 / 226
  • 第十七席 瀧口君命に依り僞つて植木職人となる事、並に三郎兵衞越後高田植木屋金兵衞方へ住込む事 / 240
  • 第十八席 三郎兵衞植木屋の婿になる事、並に小栗美作の屋敷に入込む事 / 255
  • 第十九席 三五郎證據の人骨竹雷等を發見する事、並に歸國の途中小栗方に捕はるる事 / 270
  • 第二十席 娘おつる八幡宮へ祈願を罩め夜詣の事、並に中澤藤兵衞義心の事 / 284
  • 第二十一席 瀧口三郎兵衞無事江戸へ歸る事、並に關根彌次太郎大野治郎兵衞を捉へる事 / 298
  • 第二十ニ席 治郎兵衞自白寳山寳月夫婦を呼出す事、並に阿部豐後守に裁斷を命ずる事 / 313
  • 第二十三席 吹上記録前に小栗美作取調を受くる事、並に阿部正武智辯を揮ひ誨問の事 / 328
  • 第二十四席 關根彌次郞片岡嘉平を助け召使ふ事、並に孝子最期を遂ぐる事 / 334
  • 第二十五席 小栗美作服罪松平越後守家斷絶仰付らるる事、並に水戸光圀公隠遁の事 / 358
  • 第二十六席 黄門公圀元起を伴ひ奥洲行脚に出給ふ事、並に岩沼にて忍術者を見破る事 / 372
  • 第二十七席 光圀仙臺の講談席にて喧嘩の事、並に町奉行にて身分露顕の事 / 386
  • 第二十八席 青葉城中に於て伊達綱村に對面の事、並に松島遊覽の事 / 400
  • 第ニ十九席 狩人の女房黄門公の頭を打つ事、並に彌彦山中山男問答の事 / 415
  • 第三十席 春日山に黄門公忠臣の歎訴を聽給ふ事、並に元禄十年越後家再興の事 / 429
  • 第三十一席 水戸光圀公變装して市中見物の事、並に上野廣小路にて喧嘩の事 / 436
  • 第三十ニ席 黄門公主従吉原遊興の事、並に明儒舜水先生一詩を遺す事 / 450
  • 第三十三席 後樂園の茶會に紀州公茶碗を割給ふ事、並に水府綱條卿侍女を死罪に行はしむる事 / 464
  • 第三十四席 黄門兩女の訴へを聞き給ふ事、並に綱條公へ教訓の事 / 478

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 小栗美作越後騒動
著作者等 桃川 若燕
浪上 義三郎
桃川 若燕
書名ヨミ オグリ ミマサカ エチゴ ソウドウ
書名別名 Oguri mimasaka echigo sodo
シリーズ名 長篇講談 ; 第62編
出版元 博文館
刊行年月 大正10
ページ数 490p
大きさ 19cm
NCID BA43885876
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
42006323
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想