官制大不況は大転換のチャンス : 上杉鷹山を越える男「山田方谷」に学ぶ

山下勝弘 著

今進行している不況は、まさに官僚が形成したものです。さらに景気を悪化させ、大不況になるように蠢いているのも官僚です。現在のこのような状況にあって、私たちに大きなヒントを与えてくれるのが山田方谷という人物です。藩政改革というと、米沢藩主上杉鷹山が有名です。しかし、上杉鷹山の改革には100年という長い期間を要しました。山田方谷の改革が8年で完了したことは驚き以外の何物でもありません。本書では、その山田方谷の改革の理論とその実践を探りながら、現在を生きる日本人への提言としています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 官制大不況とは
  • 第2章 大不況を乗り切った山田方谷
  • 第3章 山田方谷の藩政改革とは
  • 第4章 改革後の山田方谷
  • 第5章 山田方谷の改革理論の基礎
  • 第6章 山田方谷の改革理論の内容
  • 第7章 至誠惻怛
  • 第8章 山田方谷とケインズ経済学
  • 第9章 現在のわが国政策に対する批判
  • 第10章 企業経営への応用

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 官制大不況は大転換のチャンス : 上杉鷹山を越える男「山田方谷」に学ぶ
著作者等 山下 勝弘
書名ヨミ カンセイ ダイフキョウ ワ ダイテンカン ノ チャンス : ウエスギ ヨウザン オ コエル オトコ ヤマダ ホウコク ニ マナブ
出版元 セルバ
創英社/三省堂書店
刊行年月 2012.6
ページ数 199p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86367-081-5
全国書誌番号
22134084
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想