株主主権を超えて : ステークホルダー型企業の理論と実証

広田真一 著

先進国にふさわしい企業統治のかたちとは?日本企業の経営、企業統治、資金調達をこれまでとは違った視点から評価する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 現代社会における企業
  • 第2章 株式会社は株主のために?
  • 第3章 ステークホルダー型モデルと企業価値
  • 第4章 株主主権をいかに抑制するか?
  • 第5章 株主によるガバナンスは必要か?-従業員の静かなExit
  • 第6章 現代の取締役会の機能と構造-ステークホルダーのVoice
  • 第7章 ステークホルダー型企業の資金調達
  • 第8章 銀行中心型金融システムとメインバンク
  • 第9章 経営理念は重要か?
  • 終章 日本企業をどう評価するか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 株主主権を超えて : ステークホルダー型企業の理論と実証
著作者等 広田 真一
書名ヨミ カブヌシ シュケン オ コエテ : ステークホルダーガタ キギョウ ノ リロン ト ジッショウ
書名別名 Kabunushi shuken o koete
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2012.6
ページ数 338p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-492-31425-8
NCID BB09636843
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22134893
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想